健康のためのサプリメント

国民の健康を考えたアメリカのサプリ業界 サプリがここまで浸透したのは米国にあります。 米国の国民がサプリに関心を広めることになった報告書があります。 それが「マクガバン・REPORT」です。

そのマクガバンREPORTの内容は、マクガバン上院議員が米国内での医療費がガンガン上昇している理由についてです。 詳しくは、肥満をはじめ、生活習慣病における最近の食事の問題で、健康を害しているということです。。 食事の中身を問題にすることでダイエットの遂行とバランスの取れた栄養を摂ることの大切さを指摘しています。 このレポートの影響は大きく、国民にとって健康の大事さを考えるきっかけになりました。

そして平成6年に「栄養補助食品、健康法」が成立しました。 ここから食品と医薬品との中間に、栄養補助食品というカテゴリーが新たに設けられたことがサプリ誕生した理由です。 それ以前は米食品医薬品局(FDA)が効果の表示掲載を厳しくチェックしていましたので、表示できませんでした。

しかし平成8年以後は、科学的な根拠さえあればFDAに報告すれば効果の表示が可能になりました。 また、世界最大の医学研究機関のアメリカ国立保健研究所内に、栄養補助食品室が新たに設置された事も大きいでしょう。 米国がサプリ業界においてリードしているのは国全体が国民の健康の事を考えているからなのです。

更新情報・お知らせ

2016/05/18
滋養強壮剤 アップしました!
2016/05/02
米国のサプリメント アップしました!
2016/04/20
効果の高い精力剤 アップしました!